おしらせ♪

ネット授業の不正で100人不合格になった大学の卒業生が思ったこと

この記事なんですが、私は早稲田大学商学部を卒業しておりまして、あらまと思いました。

https://www.j-cast.com/2022/02/15431092.html?p=all

早稲田大学の商学部で、複数の授業動画を同時に視聴したことは不正に当たるとして、この授業の受講者250~300人近くのうち100人ほどの単位を認定しないと通知したことが分かり、論議になっている。

www.j-cast.com

現役大学生だったときは、私は成績があまりよくなかったです。

経済学と経済数学が必修科目だったのですが、高校で数学の初めの頃だけやって、高2から文系コースに行ったため、全く微分積分をやっていなくて、

知識0からなんとか勉強してすれすれで合格「可」をとりました。

全体的に商学部って単位とるのがゆるめの傾向が当時からあったので、油断をしていて想定外で単位を落とした人が多かったのではないかと思いました。

厳しくすることの是非は何とも言えなくて、大学ってかなり自由だから、出席さえすればOKの授業、点数がすべての授業、提出物が基準の授業など教授によってさまざまで、中では「ハンバーグの作り方」を書いたら合格する科目もありました。

そういう面白くて緩いところがあるのも、大学ってところなのかなと当時思ったりもして、

でもどこかで線を引かないと、ぐだぐだ過ぎてさぼりまくっちゃうというのも思いますし、このニュースを見て私は何とも言えない気持ちになりました。

学問ができる環境にあることって、本来だったらありがたい事なんですよね。