おしらせ♪

ASD(自閉スペクトラム症)体験談~どういったことに困っているのか?~

はじめに

私は発達障碍者です、自閉スペクトラム症とADHDの診断が出ています。今日は、私が診断されている「ASD(自閉スペクトラム症)」について、体験談を交えて紹介していきたいと思います。

ASDの症状例

ASDとは、発達障害の一種です。

「こだわりが強い」「対人コミュニケーションが苦手」など、

さまざまな症状があるといわれていますが、

“スペクトラム”と呼ばれているように、その症状内容は多岐にわたります。

今回は、私の場合の困り感をお伝えできればと思います。

自己紹介代わりの記事ではありますが、誰かの参考に少しでもなりましたら幸いです。

雑談ができない

ASDと診断されている方の多くに、「雑談が苦手」という方がいらっしゃいます。

私も昔から雑談が苦手で、どうしても他人と会話がうまく成立しません。

これが一番困ります。主婦なのでだれしもママ友と立ち話をするかと思いますが、私の場合雑談が成立しないのでママ友も出来ません…。

それから、困っていることは、言おうとした言葉の反対の言葉が口から出ることがあり、頭の中の会話の回路がバグっていると自分では思っています。

人の顔が覚えられない

ASDの特性として、細部に注目しすぎて、全体を見渡すのが不得意、というものがあります。

その特性のためか、人の顔を全体として覚えるのがとても苦手です。

何度かお見かけした人も顔が思い浮かびません。

興味が限定される

「興味の限定」は、ASDの診断基準にもなっています。

子どものころであれば、興味のないものに対して、やりたくない!と言っても、あまり問題視されないでしょうが、

大人になると違いますよね。

興味がなくても上司の話は聞いたほうがいいだろうし、

逆に好きな食べ物を毎日・毎食食べ続けるようなことは、子どもであっても大人であってもやめたほうがいいでしょう。

しかしながら、それをコントロールできないのがASDの特性です。

人の言っている意味を曲解してしまう

雑談が苦手、ということを先述しましたが、その理由の一つにこの特性もあります。

よく、ASDというと「空気が読めない」というイメージを持たれがちですが、

それは単純に「空気が読めない」のではなく、

「相手の発言を曲解するせいで、空気が読めない振る舞いをしてしまう」、

これが意外にもかなり多い印象です。

ASDの中には、同時にHSPの症状を持つ人も多く、勝手に相手の気持ちを受け取ってしまい、

急に謝ったり、イライラして当たり散らしてしまったり、そういった問題行動に出てしまう場合もあります。

顔の表情が乏しい

会話の時に、表情が乏しくしばしば誤解をされます。

悲しいときも嬉しいときも表情が変わりません。笑わないと批判を受けたこともあります。

おわりに

私は上記のような困り感をASD患者として抱えています。

日常に支障をきたしてしまうことも多く、正直、毎日大変ですが、なんとか生きています。

最後まで読んでくださりありがとうございましたb

いろいろなことが難しいですが、前を向いて生きていきたいと思います。